JC国際美容クリニック銀座/白玉注射(美白点滴) 『グルタチオン』・若返り・豊胸・アンチエイジング施術/最新式レーザー美肌・リフティング

JC国際美容クリニックの白玉注射(美白点滴)

電話 03-6228-4911受付/11:00~20:00

電話 03-6228-4911

受付/11:00~20:00


白玉注射(美白点滴)

海外セレブから人気に火がついた究極美白点滴

白玉注射(美白点滴)は、美白効果の高い『グルタチオン』という成分を高配合した、美白を目的とした点滴です。

グルタチオンとは、動植物の細胞に多く含まれていて、代謝酵素の働きに大きなサポートをしている抗酸化物質のひとつです。日本では医薬品に分類されているため、医師や薬剤師に相談してからの使用になります。

白玉注射は肌のくすみが気になる方にお勧め

白玉注射

体の中から美肌、美白を目指したい

肝斑を改善したい

全身を美白したい

明るく透明感ある美肌を手に入れたい

白玉注射(グルタチオン点滴)とは

吸引しながら注入

白玉注射(美白点滴)には抗酸化作用・解毒作用として知られているグルタチオンが高容量で入っており、体内でメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを改善、肌色のトーンUPが期待できます。

肌の新陳代謝を活発にして肌の血流を良くしていきます。吸収率・即効性に注目し、点滴にすることでカジュアル感覚で受けられる治療で、薬剤が消化管を経由しないため、高濃度の成分がそのまま全身に無駄なく行き渡るのが大きな特徴です。

内服薬より高い効果が得られ、大量の有効成分(薬液)を15分~30分間の時間をかけながら注入していくことで、さらに高い効果が期待できます。

グルタチオンが美白に効く理由

 

白玉注射(美白点滴)特徴

高い抗酸化作用

活性酸素により皮膚内の中性脂肪が酸化してしまうと、それは過酸化脂質となります。過酸化脂質にたまったメラニンが蓄積されて、シミやそばかすの原因になってしまいます。また、過酸化脂質には、細胞を壊す働きもあります。グルタチオンは抗酸化作用によって過酸化脂質を還元させ、きちんと排泄してくれます。

ところが、強い紫外線や喫煙、ストレスは活性酸素を過剰生成してしまい、過剰生成された活性酸素は、細胞を壊したり、脂質やたんぱく質を酸化させてしまったりします。酸化されたものは「さびる」という状態になり、細胞が錆びついてしまうのが老化の始まりです。アンチエイジングのためにもグルタチオン用いることがあります。

メラニン生成抑制作用

グルタチオンにはシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する作用があります。

メラニンの過剰生成が蓄積したものがシミやそばかすです。シミやそばかすの原因を作らせないことによって美しく白い肌を作り出します。

加齢と共に減少するグルタチオン

美白に効果のあるグルタチオンは、わたしたちの体内にも多く含まれています。ところが、グルタチオンは20代をピークに減少してしまいます。20代以降は自分で補っていかない限り増やす方法はありません。

グルタチオンは水溶性が高いので、内服薬などで補ったとしても胃腸からはあまり吸収されないため、消化器官を通らず、全身へ行き渡らせるためには、点滴での摂取がベストだといえます。

白玉注射(グルタチオン点滴)の施術の流れ <4ステップ>

 

Step 1 医師によるカウセリング

施術前には、担当する医師がじっくりとカウンセリングを行います。

カウンセリングでは、お肌の状態を診て、点滴の薬の種類、濃度などのプログラムを立てます。

またカウンセリングでは、施術の流れや術後のアフターケアなどについても詳細に説明しますので、わからないことがあれば、何でもご質問ください。

現在、内服しているお薬がある場合はこちらも確認ください。

施術の流れ

Step 2  施術(約15~30分)

椅子に座っていただき、約15~30分間、点滴を行います。

施術の流れ

Step 3 施術後

点滴なので、腫れも痛みもありません。そのまま歩いてお帰りいただけます。

施術の流れ

Step 4 アフターケア

施術後に気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

白玉注射(グルタチオン点滴)のよくある質問

 

白玉注射は、1回で効果がありますか?

1回の注射だけでは、効果はでません。継続的に注射をすることで肌の白さ、透明感を保つことが出来ます。

白玉注射の効果はどのくらい続きますか?

月に2回ほどの注射で美白をキープすることができます。

喘息があるのですが施術はできますか?

白玉注射には、気管支に作用する成分が含まれており、咳を誘発することがあります。そのため喘息の方は医師と相談の上、ご本人の了解のもとで治療は可能です。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

電話お問い合わせ