JC国際美容クリニック/若返り・ダイエット・豊胸・アンチエイジング施術/最新式レーザー美肌・リフティング・医療脱毛/LED発毛・育毛

JC国際美容クリニック

電話 011-206-1616受付/11:00~20:00

電話 011-206-1616

受付/11:00~20:00


高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCが、がん細胞を死滅させる仕組み

血管から大量のビタミンCを投与すると、ビタミンCが細胞の周辺に滲みだし、自らが酸化されることによって過酸化水素が大量に発生します。

その大量に発生した過酸化水素がそれを代謝する酵素(カタラーゼ)を持たないがん細胞を攻撃します。

一方、正常細胞はカタラーゼ活性が高く、過酸化水素の攻撃を受けにくいので、高濃度ビタミンC点滴は正常細胞には何ら害を与えない、体にやさしい抗がん剤の一種と言われています。

点滴による接種の理由

ビタミンCは酸化しやすい物質です。点滴では直接、血流にビタミンCが入るので一気に血中のビタミンC濃度が高まり、そのビタミンCが短時間に全身にいき渡ります。

サプリメントでの経口投与ではビタミンCの血中濃度が癌細胞を殺す程度まで充分上がる前に体外に排出されてしまうため点滴と同じ効果は期待できません。これまでの報告や研究から、脳腫瘍、肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、膀胱がん、腎臓がん、乳がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮がん、悪性リンパ腫、白血病、その他多くのがんに効果があると言われています。

同じ部位のがんでもビタミンC点滴の効果には個人差があります。高濃度ビタミンC点滴はがんの縮小効果だけでなく、生活の質(QOL)の改善や延命など、がんの補助療法として用いることができます。

その他の効果

使用するビタミンC点滴製剤について

国内で生産されているビタミンC注射薬には防腐剤が添付されているので高濃度ビタミンC点滴には向きません。
 ビタミンC注射薬は温度に不安定なため製造工場からクリニックに届けるまで2~8℃の冷蔵保管が義務づけられています。

当医院のビタミンC注射薬は、そのような管理のもとで輸入されている、外国製の防腐剤の入っていない安全なビタミンC注射薬を使用しております。

高濃度ビタミンC点滴の治療について

治療回数/期間 点滴の頻度は一般的ながん治療では1回50gのビタミンCの点滴を週に1~2回の点滴で6ヶ月間継続、 その経過が良ければ週1回を6ヶ月、さらに2週に1回を1年間、その後は月1回を行うことをお薦めしております。
1回の点滴時間 約90分~120分 
※点滴の量や個人差によって異なります。
副作用について 副作用と言われるものはほとんどありませんが、個人によってはのどの渇き刺入部位の血管痛が生じることがあります。

高濃度ビタミンC点滴の治療についてが受けられない方

【1】腎不全がひどく、透析中または近日中にも透析が必要な方

このような方には他の輸液なども含めて水分制限が必要なので点滴はお受けいただけません。

【2】高度の心不全がある方や不整脈のコントロールができていない方

50gのビタミンCを点滴するのに点滴用蒸留水500mlと併せておよそ600mlの水分が静脈から体内に入りますので、心臓に重度の障害がある方にとっては負担になることがあります。

【3】先天性G6PD欠乏症の方

G6PDとは赤血球の機能を保つ為の酵素です。

遺伝性G6PD欠乏症の患者さんに大量のビタミンCを点滴すると、重症の溶血性貧血を起こすことがあります。

このような合併症を防ぐために、点滴を受ける前には必ずG6PDの検査を受けていただき、安全にできるかを判断します。

この検査の結果が出るまでに1週間かかりますので、初診時に点滴を受けていただくことはできません。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP